13319602_l-770x402

アーユルヴェーダでアンチエイジング

食品添加物が多く含まれた食事、現代的な座ってばかりの生活習慣、現代特有の環境的原因で、私たちの身体は様々な影響を受けています。

そのひとつが早期老化。

若い白髪、乾燥してシワができた肌、目の下のクマ、肌のたるみ・・・

ふと自分の姿を鏡で見た時に、その身体のサインに悩むことはありませんか・・・?

さらに加齢のサインがはっきり出てくると悩みも尽きません。

身体的・精神的発達が後退し始めた時、アーユルヴェーダではより良く、活力的に生きるために、

食事、運動、睡眠といった小さな生活習慣を整えることを強くおすすめしています。

 

自然な若返り&長寿のセラピー:ラサヤナ

caf0626a36e74a39158c37d6892288f3-480x320

アーユルヴェーダの中には、外科や内科を含む8つの科目があり、その中にはサンスクリット語でラサヤナと呼ばれる長寿や若返りを目的とした《強壮法》と言われる生命科学の分野があります。

「ラサヤナ」は見た目だけの若返りとは違い、消化器官をきれいにして、代謝機能を高め、活力溢れる、丈夫な身体を取り戻すことが目的となり、身体の免疫機能の強化、そして老化現象を抑えることで評判が高く、アンチエイジング界でも注目が集まっています。

「ラサヤナ」には、(1)薬草のラサヤナと(2)行動のラサヤナの2つがあります。

どちらが欠けてもラサヤナは上手く発揮することができませんが、今回は(1)薬草のラサヤナについてお伝えしていきます。

薬草のラサヤナというのは、そのひとが健康で快適でいられることができるよう、診療して処方する薬草で、インドやスリランカの現地の多くでは、タブレット(錠剤)の状態になって処方されています。

下記では自然素材のラサヤナをご紹介していきます。

▶︎ハーブと薬用植物
 アムラ(マラッカノキ)、ハラド(ミロバラン)、グドゥチ(ティノスポラ・コーディフォリア)、アシュワガンダ(ウィザニア属)、ナグバラ(シナノキ科ウオトリギ属 )

▶︎天然資源
鉄、金、土瀝青(どれきせい=アスファルト)、辰砂(しんしゃ)、真珠、銅、銀

▶︎食品
はちみつ、牛乳、デシ・ギー(澄ましバター)

▶︎アーユルヴェ―ダ医学の調合薬
チャワンプラッシュ・アヴェレハ、アムリタ・ラサヤナ、アブヒャ・ラサヤナ、バラマ・ラサヤナ、プナルナヴァ・ラサヤナ、など

アンチエイジングに効果があるハーブレメディ6選

skmur32bzujt5201453292267_1453292285

(1)アロエベラ
アロエベラの生のジュースか抽出したものは肌に効果があるでしょう。血液を浄化する性質があり、さらにはニキビ、アレルギー性発疹、むくみ、傷など多くの肌の症状を治す効果があります。アロエベラはもともとぬるぬるしており、粘液状で冷たい性質を持ちます。苦みがあり、後味はピリリと刺激があります。そのため、体内の過剰な熱を下げる作用があり、同時に肌の保湿を維持し、肌を柔らかくしなやかに保つと考えられています。サプリメントとして10~20mlの搾りたてのジュースを飲んでもよいでしょう。繊維やジュースを肌に塗っても効果があります。

(2)ニーム
アーユルヴェーダではニームは軽く冷たい性質を持っています。ピリリとする刺激があり渋味があり、後味は苦いです。そのため、ニームも体内の過剰な熱を下げる作用があることがわかっています。さらに、自然の消毒薬で肌の薬だと考えられています。

(3)ターメリック
ターメリックもまた常に美しさと関連しているハーブです。便利な化粧用途はもちろん、素晴らしい美容セラピー効果があります。ターメリックを小麦粉とサンダルウッド粉末と混ぜたものを肌に塗ると肌がやわらかくつややかになり、傷が治ります。少量のオイルかバターと混ぜてサプリメントとして摂ることもできます。

(4)サンダルウッド
サンダルウッドは抗毒作用があり、若返らせる作用があると考えられています。このハーブはかゆみ、傷、アレルギー、肌荒れなど熱による皮膚疾患を治すのに素晴らしい効果がある事がわかっています。加齢のサインが進行するのを防ぐためには、サンダルウッドオイルをココナッツオイルと混ぜて保湿が必要な肌にマッサージするとよいでしょう。

(5)ローズ
ローズは軽く、ぬるぬるしていて冷たい性質だと考えられています。また、ビタミンCが豊富で肌に効果的です。肌のきめを整えるためにはローズウォーターを肌に塗ると効果的です。ローズシロップ小さじ2杯とグラス1杯の水を混ぜたものを空腹時に1日1~2回飲むのもよいでしょう。

(6)アムラ
アムラ果実には全身の器官を若返らせ、活性化する特別な性質があります。アムラはすっぱく、冷たく重い性質があり、後味は甘いです。化学的にはアムラ果実にはクエン酸が豊富に含まれています。そのため、自然からとれる最良で最多のビタミンCを含んでいると言われています。

アーユルヴェ―ダでは、ヴァータ、ピッタ、カパ(風、火、地)の3つのうちどのドーシャでも一定の限度を超えると病気になりますが、アムラ果実を摂取すると、全3種類のドーシャの過度な分を減らす効果があります。アムラ果実は天然の健康の源であり、アンチエイジング効果があります。

 

いかがでしたでしょうか?

アーユルヴェーダの若返り法「ラサヤナ」を通して、

表面的ではなく、身体の中から活力を高めて活き活きと生きる体質術を得ていきましょう!

 

きっとアーユルヴェーダ体質術を身につけることは、あなたの人生を豊かにしていくことでしょう。

 

============================
参考元:http://www.curejoy.com/content/ayurveda-guidance-for-early-aging-stay-young-with-ayurveda/